暮らしをよくする。って大事ですよね。


では、みなさんにとって、
今よりもっと快適な生活って何ですか??

まず、不具合があったら、それを直したいですよね。

家電の調子が悪かったら修理に出そうか、新品を買おうか。。。

風呂やトイレの排水が調子悪かったら、見積してもらって。。。

子どもたちが成長したら部屋が狭くなって、ベッドにタンスに。。

大きくなったら車が欲しいって、駐車場もいるわけで。。

土建屋さんは、主に家の外で暮らしを豊かにするために働く人たちです。

だから、

お庭の手入れも土建屋さんに繋がります。

水道・ガス・電気のインフラも土建屋さんは知ってます。

駐車場や塀のこと、雑草対策などの地盤のことが専門です。

家の外に出ると、土建屋さんはもっともっといろんな所で仕事をしてます。

みなさん、土建屋って聞くとどんなイメージを持っていますか??

土方というスコップもって黒い肉体労働者のイメージでしょうか?

大型重機乗って、土地を大胆に変形するイメージでしょうか?

男くさくってドカン系の集団のイメージでしょうか?

色んなイメージを持たれている土建屋さんですが、

その実際、土建屋が何やってるかってわかります?

案外、イメージ先行で知られてないのが土建屋の世界じゃないのかな。

ということで、このサイトでは、土建屋のリアルな日常を中心に、

土建屋が社会のために何ができるかを学術的ではなくて、

現場からの率直な意見として書いていきます。

趣味的なサイトですので、

コンプライアンスとか難しいこともわかりませんが、

ふ~ん、そういう意見もあるんだね。って、

軽い気持ちで流していただけると助かります(笑)

ではでは、よろしくお願いいたします。

土建屋のお仕事、あれこれ。

頑張れ、土建屋さん

土建屋の現在かかえる問題と、土建屋さんが何故必要なんだろうってことを考えてみます。

まず、現在の日本の社会が抱える人手不足の問題。
会社の人数を増やしたいと思っても、なかなか就職希望者がみつからない。

働く人の数がどんどん減っていくけど、
ハローワーク(職業安定所)とかリクルート会社の人と話すと、
『建設業は厳しいね~』って言われちゃう。
人気のない業種なんだなぁ。。。

ということで、土建屋さんと人手不足の問題について考えてみました。

土建屋さんと人手不足

parfomed by hotacon
HOTACON CO.,LTD.